日本脳炎ワクチン:近日接種一時終了予定|宇都宮市の小児科

診療時間
0286236300

お知らせ

日本脳炎ワクチン: 予約接種休止中

お知らせ 2021年08月30日

現在、日本脳炎ワクチンが不足しています。現在週5本程度の供給のみで、まだまだ十分に接種できる状況ではありません。今しばらく随時予約を受付けるだけのワクチン供給の見通しはなく、予約を一時停止しています。ワクチンが10~20本集まり次第ご連絡いたします。

 

日本脳炎は蚊を媒介しての疾患、当クリニックにおいては例年9月末にて接種を一時中止、3月より例年接種再開としておりました。しかし、今年5月に予約を中止、それ以前に予約されたお子さま予約のみ接種を行ってきました。今年度は10月以降も接種を継続する予定ですが、今後のワクチンの供給次第となります。なお、当院通院歴のない方については予約を行っておりませんので、ご了承ください。

 

厚生労働省より1期の追加、2期の接種を控えるよう通達がでています。年内はこの不足状態が続くものと思われ、1期追加、2期への方への接種は来年になるでしょう。接種間隔が開いても発症する可能性は低く、回数をきちんと接種することが生涯通しての予防となります。日本脳炎は感染しても発症する可能性は1,000人に1人程度で、現在日本では高齢者を中心に年間数人の方の発症が報告されています。日本脳炎に関してはワクチン接種をあわてる必要はありませんが、機会を逃さずに接種していきましょう。

 

今後の情報をご確認ください。

 

 

* 日本脳炎接種対象年齢については、日本小児科学会の方針に基づき生後6ヶ月からの接種を推奨しています。最近の小児の罹患状況をみると、熊本県で2006年に3歳児、2009年に7歳児、高知県で2009年に1歳児、山口県で2010年に6歳児、沖縄県で2011年に1歳児、福岡県で10歳児、兵庫県で2013年に5歳児、そして2015年に千葉県で11ヶ月児の日本脳炎罹患が報告されています。蚊を媒介しての疾患が毎年夏話題となる昨今、是非ご検討ください。

 

ページトップへ